カテゴリ:未分類( 49 )
おかえり、E3系こまち【E3系こまちリターンズ】


 6年前の2011年3/11に発生した東日本大震災によって亡くなられた方々の御冥福をお祈りいたします。
 また、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げますとともに、まだまだ先の見えない中でがんばっていらっしゃるみなさんの生活の一刻も早い復興を願っております。

 さて、秋田にとって震災後に初めて見えた一筋の希望の光、49日ぶりに復活した東京からの秋田新幹線の一番列車こまち115号にみんなで手を振った「4.29さくらこまち115おかえりなさいプロジェクト」、みなさんあの時の気持ち、覚えているでしょうか。

b0223411_20032816.jpg
 その後、あの白地にピンクラインのE3系こまちは、1997年、秋田新幹線の開通と共に運行が始まりました。雨の日も風の日ももちろん雪の日も、秋田と東京を結ぶひとつの「安心」として、日夜たくさんの人を運びました。旅行や出張はもちろんのこと、進学や就職など、秋田に住んでいる方々にとっては、人生のどこかで、深い思い出と共にこのE3系こまちと接点を持っている方が多いのでは無いかと思います。
b0223411_20045372.jpg
 2011年3月11日午後2:46に発生した東日本大震災。以降しばらくの間止まってしまった秋田新幹線。懸命の復旧作業により、順次区間開通をしていきましたが、特に秋田県に住む方にとって、あの期間の心細さったら無かったのではないかと思います。
 そして49日後の4月29日、東京からの1番列車「こまち115号」が、東京駅を朝6:40分に出発をしました。そのわずか5日前に、このサイトの管理者がつぶやいた「ツイッター」をきっかけに、こまち115号を「おかえりこまち!」として多くの方が迎えたのでした。
b0223411_19574510.jpg


 E3系こまちは、その後、よりスピードが早い茜色のE6系スーパーこまちに少しずつその「安心」という使命を受け渡し、2014年3月14日、白地にピンク色のラインをあしらった、県民自慢のE3系「こまち」。あなたとふるさとをつないでくれたE3系「こまち」。そして災禍を乗り越えて東京と秋田とを結んでくれたE3系「こまち」は、17年間の秋田新幹線運用を離れたのでした。
b0223411_20000542.jpg
 さて、そのE3系が、約3年ぶりに臨時列車秋田新幹線開業20周年記念号として、秋田新幹線に帰ってきます。
2017年3月25日(土) 秋田駅発7:00(早い!)
大曲駅7時32分発・角館駅7時43分発・田沢湖駅7時57分発・上野駅11時38分着

 みなさん、久しぶりに、あのピンクのE3系こまちに、おかえり!の気持ちで、沿線から手を振ってみませんか?
 各駅はもちろんですが、四ツ小屋のあの田んぼで、中仙のあの赤い橋の上で、46号線のあの森の駅で・・・。


[PR]
by sakurakomachi115 | 2017-03-16 20:15
まもなく5年
5年前の2011年3/11に発生した東日本大震災によって亡くなられた方々の御冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げますとともに、まだまだ先の見えない中でがんばっていらっしゃるみなさんの生活の一刻も早い復興を願っております。

さて、まもなくあの震災から5年となります。
秋田にとって震災後に初めて見えた一筋の希望の光、49日ぶりに復活した東京からの秋田新幹線の一番列車こまち115号にみんなで手を振った「4.29さくらこまち115おかえりなさいプロジェクト」の映像の一部が、久しぶりにTV放送に載ることになりました。
(残念ながら秋田県内ローカルチャンネルです)

2016年3月10日 午後8:54~ 秋田朝日放送(AAB)
「絆のかたち」 http://www.aab-tv.co.jp/pc/kizuna/


b0223411_19272145.jpg

おかえりこまち115 Youtube動画 http://youtu.be/XGTkNn8YxCE

当たり前の生活は失って初めて気づくものだ…ということを、私たちはあの時に強く実感したはずなのに、わずか5年でなんだか当たり前の生活が当たり前になっていませんか?
自分自身にも問いかけつつの番組になったかな、と思います。
よろしかったらご覧ください。
[PR]
by sakurakomachi115 | 2016-03-09 19:36
E3系秋田新幹線こまちの生みの親、栄久庵憲司さん。たからものをありがとうございました
去る2015年2月8日、デザイナーの栄久庵憲司さんが亡くなられました。享年85歳。

キッコーマンの醤油瓶のデザイナーということで世界的に知られている栄久庵さんですが、この方が実は、E3系・初代秋田新幹線こまちの車両や客室、そして「こまち」ロゴのデザイナーでもあります。

1997.3.22になまはげとともに迎え、2011.3.11から49日間のブランクを空け、2011.4.29にこまち115号を手を振り迎え、そして2014.3.14に最後の秋田新幹線運用を見送った白肌にピンクのラインのE3系。



たくさんの秋田県民、沿線住民、旅行者に愛されたE3系こまちでした。
栄久庵さん、あきたのたからものをありがとうございました。
b0223411_20090829.jpg
(秋田魁新報2015.02.10より)

御霊よ、E3系こまちとともに安らかに。



[PR]
by sakurakomachi115 | 2015-02-12 20:32
4.29さくらこまち115おかえりなさいプロジェクトから3年
3年前の2011年3/11に発生した東日本大震災によって亡くなられた方々の御冥福をお祈りいたします。また、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げますとともに、まだまだ進まない被災地の一刻も早い復興を願っております。

あの震災から49日後の4/29、東京~秋田間が全通しました。その東京発の復活一番列車は「こまち115号」をみんなでたくさんの感謝、たくさんの支援、たくさんの気持ちをこめて笑顔のウェーブでつなごうと行われたのが、この「4.29さくらこまち115おかえりなさいプロジェクト」でした。


2011.4.29午前6:40、こまち115は東京駅から静かに走り始めました。今はなきピンクがイメージカラーのE3系です。
b0223411_23133061.jpg

b0223411_23132581.jpg


駅でも沿線でもたくさんの人が、こまち115を迎えました。
b0223411_23132682.jpg

b0223411_23132781.jpg




秋田駅でもたくさんの「おかえりなさい」。
b0223411_23132986.jpg

そしてもはや伝説のアナウンスと言ってもいい、レジェンド車掌の誇らしげかつ感謝の気持ちに溢れた敬礼。
b0223411_23132995.jpg


先日、とあるJR東日本関係者の方が「こまち115は私たちの会社のDNAとなりました」とおっしゃってくださいました。今年の入社式でもこの映像が流れたとかなんとか。

こまちに向けた沿線からの感謝の気持ちは、きちんとJR東日本のみなさんに届いているし、今でもその気持ちを大切にしながら、地域に生きる鉄道事業者としてがんばってくれてるかと思うと、あの日が単なる歓迎イベントとは少し違う大切な一日だったと、改めて感じられてココロが少しホッとするのです。

さぁまた新しい1年が始まりますね!
[PR]
by sakurakomachi115 | 2014-04-29 06:40
ありがとう。秋田新幹線E3系こまち。3度目の3.11に寄せて。
 3年前の2011年3/11に発生した東日本大震災によって亡くなられた方々の御冥福をお祈りいたします。また、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げますとともに、被災地の一刻も早い復興を願っております。

 同日以降、私たち秋田県民にとって大切な足であった東北・秋田新幹線が止まってしまいました。 
 その後、順次部分開通を経て、たくさんの方々の力により、震災から49日、4/29に東京~秋田間が全通しました。
 東京発の復活一番列車は「こまち115号」。
 その時に、秋田県内の秋田新幹線沿線のみんなで、たくさんの感謝、たくさんの支援、たくさんの気持ちを、4/29のこまち115号に送り、笑顔のウェーブでつなごうと行われたのが、この「4.29さくらこまち115おかえりなさいプロジェクト」でした。



 そして、あれから3年。この間にはE6系スーパーこまちと呼ばれる前顔がイタリアンレッドの新型車両が誕生し、東京~秋田間を結びはじめました。
 そしてまもなく迎える2014年3/14(金)、白地にピンク色のラインをあしらったおなじみのE3系こまちが、ついにラストランを迎えます。

 運転最終日のこの日はJR秋田駅にてさよならセレモニーを開催、E3系車両の紹介、運転士・車掌への花束贈呈、秋田駅長による出発合図などが行われます。

 県民自慢の秋田新幹線「こまち」。
 あなたとふるさとをつないでくれた秋田新幹線「こまち」。
 災禍を乗り越えて東京と秋田とを結んでくれた秋田新幹線「こまち」。

 17年間の「こまち」の活躍に感謝の気持ちを込めて、ぜひ皆さんでお見送りしたい!

開催日時:平成26年3月14日(金)8時20分~9時頃(予定)
列車:こまち28号 8時56分 秋田駅発
場所:JR秋田駅新幹線ホーム

 沿線でも、吹雪に負けずに手を振ろう。
 ありがとう、こまち。
[PR]
by sakurakomachi115 | 2014-03-11 12:49
番外編「寝台急行おが号」リターンズ
【寝台急行おが号リターンズ】
すみません、少々マニアックかもしれませんが・・・。

初めての上京。
それは大学受験だったか、会社の面接だったか。
もしかしたら、それは三丁目の夕日のような集団就職だったか。

夕方の上野駅。
それは帰りたくても帰れないふるさとへ向けた想いを抱えながらだったか。(ふるさとの訛なつかし. 停車場の人ごみの中に. そを聴きにゆく 石川啄木)

早朝の駅のホーム。
それは出稼ぎから帰ってくる父親を迎えにいった子どもの頃のあの朝だったか。

・・・・・残念ながら私にはどれも当てはまらないのだけれども。

実は明日10/14の朝、臨時の寝台急行「おが」号が秋田駅に着きます。いわゆる青いブルートレイン。 →JR東日本

この列車、秋田をふるさとに持つ方にとっては、冒頭に書いたいくつかのシーンの中に出てくるであろう、ふるさとと東京を結ぶ夜汽車・夜行列車だったそうです。

しかも、山形新幹線や秋田新幹線などで寸断された隙間を縫うように、今回の「おが」号は、東北本線の北上駅から北上線を経由して奥羽本線に入り、横手駅、大曲駅を通って秋田駅に至ります。

思い出の中の「おが」号の存在は、冒頭に書いたように人それぞれシチュエーションは違うでしょうけれど、北上線、そして横手駅や大曲駅をブルートレインが走るのは今となっては極めて貴重なこと。
しかも、明日まで運行しているSLあきたこまち号と、刈和野駅で出会うっぽい。

この機会に、それぞれの思い出に、会いに行ってみては?

秋田県内主な駅。
横手9:22 大曲9:43 神宮寺9:47 刈和野9:54-10:12 秋田10:52
[PR]
by sakurakomachi115 | 2013-10-13 23:45
あの日からつながる今日です。
2年前の4.29。
3.11から東京からの直通運転が絶たれていた秋田新幹線こまちが、49日ぶりに復活しました。
私たちはあの時、元気に帰ってきた東京からの一番列車「こまち115号」を、「おかえり」って迎えたのでした。こまち115号は震災から続いていた心細さを解放してくれた大きな大きな一歩でした。


あれから2年と5ヶ月。
いよいよ秋田デスティネーションキャンペーンが始まります。
今度は、今度こそは、心からの笑顔で迎えよう。

東京発のデスティネーションキャンペーン特別臨時スーパーこまちが、本日走ります。11:00には田沢湖、11:15には角館、その後は大曲、秋田と駆け抜けるこの特別なスーパーこまちを、沿線からもみなさんよろしくね。

各駅や、車内でもいろいろとサプライズなことありますから。
[PR]
by sakurakomachi115 | 2013-10-01 06:32
「あの日」から丸2年。
はやいものです。
苦しかった49日間を経て迎えた「あの日」。
その「あの日」から2年が経ちました。

4.24
b0223411_1402471.jpg


そして4.29。

[PR]
by sakurakomachi115 | 2013-04-29 01:44
おめでとうございます。
どれだけ多くの人がキミの誕生を待ちわびていたことか。
どれだけ多くの人がこの日のために力をあわせたことか。

2年前の悲劇、それを乗り越えた奇跡の49日、そして次世代へのリレー。

スーパーこまちDebut。おめでとうございます。
b0223411_1136125.jpg


奇しくも、都内では六本木アークヒルズで3/14に開花、標本木も間もなくという話ですね。
桜の春を運ぶ3.16さくらスーパーこまちになるかも;-)
[PR]
by sakurakomachi115 | 2013-03-16 11:44
2013.3/13 BSフジ「プライムニュース」で少し紹介されるそうです
 一昨年3月11日に発生した東日本大震災から、2年が経ちました。
 想像を絶する甚大な被害。1万6千人に迫る方が亡くなり、今もなお2千700人弱の方が行方不明の状態です。亡くなられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様にお見舞いを申し上げ、一日も早い復興を心よりお祈りいたします。
b0223411_0592696.jpg


 BSフジで放送している「プライムニュース」
 3/11からの一週間は『復興の今とこれから』シリーズです。

 3/13(20:00〜21:55)の第3回は東日本旅客鉄道(JR東日本)の冨田哲郎代表取締役社長さんがゲスト。
『復興の今とこれから③ JR東日本社長に聞く 被災地復旧・復興の現状&今後の対策』が放送されます。

以下、プライムニュースのサイトより引用
 戦後最大の死傷者を出した東日本大震災。巨大地震が引き起こした揺れと津波は、生活に欠かせないライフラインの一つである鉄道にも大きな被害をもたらした。震災発生当初、JR東日本管内では約400キロにわたって運転見合わせ区間が発生。現在でも約250キロの区間で運転を見合わせている。
 震災から2年が過ぎた今、住民の重要な交通手段である鉄道の復旧、そして被災地の復興に向けて、どのような方策を推し進めていくべきか。
 震災発生から1年たった去年4月にJR東日本の社長に就任した冨田哲郎氏を迎え、被災地の鉄道復旧の現状と課題、観光を通じた被災地復興への取り組み、首都直下型地震に向けての対策など、話を聞く。


 この中で、この「4.29さくらこまち115おかえりなさいプロジェクト」が、動画も含めて少し紹介されるそうです。

 あの日の悲しみを忘れないためにも、あの日のみなさんの笑顔も忘れないでいたいです。


[PR]
by sakurakomachi115 | 2013-03-12 01:01
  

4/29の東京からの一番列車こまち115号に沿線みんなで手を振って笑顔で迎える提案
by sakurakomachi115
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
最新のトラックバック
おかえり
from UNTITLED
検索
#komachi115
ファン
ブログジャンル
画像一覧