<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
裸踊りを始めた一人と、おかえりこまちプロジェクト
 つい先日、秋田県仙北市で行われた社団法人角館観光協会主催の「Twitterと観光」という講演会。
 私も(最近はまったく存在感ありませんが)立ち上げメンバーのひとりであるYokotter、その代表である細谷さん( @hos0327 )が講演者としてお越し下さいました。

 その講演会の中で細谷さんが紹介していたデレク・シヴァーズの「社会運動はどうやって起こすか」の動画。非常に興味深く拝見しました。
 そして、これをみて、あらためて「4.29さくらこまち115おかえりなさいプロジェクト」が、たくさんの方々に支えられながらつながっていったことを実感せずにはいられませんでした。

日本語字幕が必要な場合はこちらTEDのサイトを ご覧下さい。

 私はリーダーではありませんが、いわゆるこのプロジェクトの呼びかけ人、この動画の中ではおそらく裸踊りを最初に始めた一人のバカでしょう。
 しかし、それをけっこうなムーブメントに変えたのは、 @acotan28 さんと @otomo922 さんという2人の最初のフォロワーに違いありません。
 お二人ともやはりYokotterの立ち上げ時からの仲間で、今でも最前線で熱い活動を続けていらっしゃいます。

 このプロジェクトの「思いつき」から「やろう」までの流れについては、プロジェクト当日の未明、4月29日の午前0時47分にアップしたブログに記してあります。

 この時間と言うことは、私は残業を終え、当日の準備やシミュレーションをしながら農家民宿泰山堂の2Fで悶々としていた頃です。通信速度の遅いb-MobileWi-Fiでぎりぎり接続しながら文章を書いたのを思い出します。すでにもう、懐かしい思い出。


「笑われるのを覚悟でつぶやいたけれど、本当にたくさんのみなさんが笑ってくれたので、結果的には笑われてよかったんだと、胸を撫で下ろしています。」  
 これは、イベントを終えヘトヘトになりながら、角館駅近くの駐車場に停めた車内から4月29日の夕方7時前に更新したブログの一文。

 みんなでつくりあげた「4.29さくらこまち115おかえりなさいプロジェクト」。
 このプロジェクトについて、「東北まちづくりオフサイトミーティング第8回勉強会 in 秋田」でちょこっとだけお時間をいただきお話をさせていただく機会を得ることができました。
 正直なところ、伝わるかどうか全く自信がないのですが、よろしかったらお越し下さい。ちょっと特別な映像も用意して行こうと思っています。



(こちらがJR九州のCM)

[PR]
by sakurakomachi115 | 2011-07-09 16:08
「祝!九州DVD」と「おかえりこまち高画質版」
JR九州から購入した「祝!九州DVD」。
b0223411_1144116.jpg

46本のCMと特別ロングバージョン(25分30秒)にMaiaHirasawaのBoom!のMVと充実のDVDです。
ライナーノーツも凝っていて面白い。
以下はそこから引用。

7色の特別な新幹線、N700系。
鹿児島中央駅出発、2011年2月20日10時55分。
博多駅到着、同14時12分。
通常約1時間30分のところ、3時間17分かけて走りました。
用意したカメラ、CM用に50台。ポスター用に7台。
回したフィルム約25時間。撮影したショット約30,000カット。
鹿児島では小雨、熊本は曇り、そして博多では晴れました。
集まってくれた方は、15,000人でしょうか、20,000人でしょうか。
確かなのは、あの日、九州が本当にひとつになったということです。

今でも私たちは、あの日の風景を思い出します。
何と言うか、とても大切なものを、
みなさんから教えてもらった気がしています。

ひとつになった九州に、新しい力が生まれてます。
ひとつになった九州から、日本は楽しくなるはずです。
私たちは本気で、そう考えています。
あの日、集まってくれてありがとうございました。
こうして記念のDVDを手にしてくれて、ありがとうございます。
九州新幹線は、今日もみなさんと一緒に走っています。



これを、4.29さくらこまち115おかえりなさいプロジェクトに置き換えてみると、こんなでしょうか?

白地にピンクのラインが美しい新幹線、ふるさとをつなぐ私たちのこまち。
東京駅出発、2011年4月29日6時40分。
秋田駅到着、同11時32分。
通常約3時間50分のところ、4時間58分かけて走りました。
用意したカメラ、動画用に1台。静止画用に1台。
回したフィルム約1時間20分。撮影したショット約250カット。
鹿児島では晴れ、盛岡は曇り、途中小雨もぱらついたものの秋田では晴れました。
集まってくれた方は、300人でしょうか、400人でしょうか。
確かなのは、あの日、東京から秋田までこまち115は久しぶりにひとつにつながったレールを走ってきたということです。

今でも私は、あの日の風景を思い出します。
何と言うか、とても大切なものを、
みなさんから教えてもらった気がしています。

鹿児島から秋田までひとつにつながったレールから、新しい力が生まれてます。
ひとつにつながったレールから、日本はきっと復興するはずです。
私は本気で、そう考えています。
あの日、集まってくれてありがとうございました。
こうしてブログを未だご覧になってくれて、ありがとうございます。
秋田新幹線こまちは、今日もみなさんと一緒に走っています。



って感じでしょうか?
う〜ん、やはり相当規模は小さい。小さいけれどみなさんの気持ちは同じくらいに熱くそして優しい。改めて当時を思い出してはそう思います。


 実は朝ズバっ用として改めて高画質の「おかえりこまち」動画をYouTubeにアップしました。
 もちろんBGMは消してありますが、本当にぴたっとMaiaHirasawaの「Boom!」がハマるように調整してありますので、みなさんそれぞれで「Boom!」をBGMにかけながら見ていただくことをお勧めします。
 当初から掲載しているモバイルサイズがおかげさまで14,000ビューを越えた中、高画質版も250ビューを越えたようです。感謝!!


(こちらがJR九州のCM)


(こちらがおかえりこまちモバイルサイズ)
 

 いつかまた、みんなで一緒に手を振りたいですね。
[PR]
by sakurakomachi115 | 2011-07-02 01:28
  

4/29の東京からの一番列車こまち115号に沿線みんなで手を振って笑顔で迎える提案
by sakurakomachi115
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
最新のトラックバック
おかえり
from UNTITLED
検索
#komachi115
ファン
ブログジャンル